注文住宅と分譲住宅の違いとは?

注文住宅は自由設計、分譲住宅は設計済み

注文住宅と分譲住宅の大きな違いは、家の設計に携われるか否かの違いが在る事、分譲住宅の家の設計は販売側が設計士に依頼をして行い、家の建築においても販売側が決めた工務店やハウスメーカーを利用して家を作り上げています。 これに対し、注文住宅は施工主が設計士に依頼をして家の設計図を作り上げる、好みの工務店やハウスメーカーを利用して家を作り上げて行くと言った違いが在ります。 因みに、分譲住宅は更地の状態で販売が開始されるケースも在れば、家が在る程度建築されてから販売が開始されるケース、完成してから販売が開始されるケースなどが在ります。 注文住宅は家の基礎工事から立ち会う事が出来るため、家が完成する様子を目に出来ると言う魅力も在ります。

注文住宅は土地探しからスタート

分譲住宅は一度に複数の家を販売するケースが多く在ります。 大きな土地を購入した場合、そのままの状態で家を建築して販売を行えば、高額な値段になりますが、土地を複数分割をして、それぞれの土地に家を建築して販売を行う事で、1棟当たりの値段は購入しやすい値段になるため、一度に数棟の家を販売するのが特徴です。 注文住宅の場合は、自由設計であると同時に、家を建築するための土地購入が必要になります。 既存の家を建て替えすると言った場合には解体を行って家の建築が出来ますが、初めてのマイホームと言った場合には更地の状態の土地、古家付き土地、建築条件付き土地の何れかを購入する事が注文住宅におけるスタートで、分譲住宅との大きな違いの一つです。

新築一戸建てを賢く選ぶには、住宅そのものの品質だけでなく、周辺環境や交通アクセスに注目をすることが大事です。

Contents