マンションと一戸建て、かかる費用はここが違う!

物件価格は一戸建てのほうが高い傾向あり。

マンションと一戸建ての大きな違いは何か、と聞かれた時に、多くの方は土地があるかないかと答えるのではないでしょうか。その通り、一戸建ての魅力はやはり専用の土地ですよね。その分購入時には土地部分の費用が大きいため、同程度の広さや立地条件の場合、マンションよりも価格が高くなる傾向があります。同じ予算で購入を考えているのであれば、マンションのほうがよりグレードの高い物件を見つけられる可能性は高いと言えそうです。 しかし逆に、何十年後に建物が老朽化してきたとしても、一戸建てであれば土地部分の価値が評価されるため、資産価値はそれほど下がらないのが大きなメリットです。マンションの場合、人気エリアなど立地条件によっては価値が下がらないこともありますが、一般的には一戸建てに比べると将来価値については分が悪と言えるでしょう。

マンションにはランニングコストがかかります。

購入時には一戸建てのほうが費用がかかる傾向がありますが、実際住んでみてからはどうでしょうか。 マンションには一戸建てにはない、管理費、修繕積立金、駐車場代などの毎月かかる費用が発生します。管理人を雇っていたり、美しい植栽があったり、共有スペースがあったりと色々施設が充実していればいるほど、その分の管理費などが高くなる傾向があります。また、年数を重ねていくと当初よりも値上がりするケースもあるので、頭に入れておかなくてはなりません。 一戸建ては管理費は発生しませんし、駐車場スペースもあることがほとんどなので、その分の費用は考えなくてもよいでしょう。その分自分で手入れをしたり、防犯対策を行い、修繕費についても計画的に積み立てておく必要があります。

建売住宅の購入を決めるポイントとして、外壁の色合いや交通アクセス、近隣の環境などに着目することが大切です。

Contents